強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療

男性

双極性障害の対応方法

悩む男性

双極性障害の特徴

躁鬱病とは双極性障害の別名です。 うつ病と混同される傾向にありますが、似て非なる別の病気です。 治療もまた長引く傾向にあります。 躁鬱の病状でうつ病よりやっかいとされるのは、躁状態からの急激な気持ちの落差がある点です。躁状態にある人は、気分が大きくなり、やる気に満ち溢れ、活動する意欲が普段よりも過剰に働きます。そこからしばらくすると躁状態が解けてしまい、鬱状態へと転じるのです。 躁鬱病が恐ろしいのは、アルコール依存症や摂食障害、不安障害を併発しやすいこともあります。うつ症状を安定させるためにアルコールや過食に逃避してしまうため、躁状態からの鬱状態へと転じる際の強い不安がその原因です。 躁鬱病は、生まれ育った環境的なものや、本人の病前の性格が起因するものなど、本人の努力だけではどうしようのないきっかけでも起こります。その際は正しい治療と、身の回りのサポートが、症状改善への最大の方法とされています。 正しく治療しなければ、最悪自殺のリスクすらある病気、それが躁鬱病です。 身の回りの大切な方が躁鬱に苦しんでいるのなら、正しい治療と対応について是非知っておくべきです。強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考でいられるように、早めに改善していきましょう。

双極性障害の正しい対応

躁鬱病の治療法は主に二つあり、医師から処方された薬を決められた期間に服用し続ける薬物療法と、カウンセリングを始めとしたコミュニケーションを通して患者の精神をほぐしていく精神療法がそれに当たります。 薬物療法の際に利用される薬は、気分安定剤、抗精神病薬、抗うつ薬、睡眠薬などです。患者の状態によってはこれらが併用されることもあります。 薬物療法で注意すべきなのは、薬の服用を医師の指示を待たずに勝手にやめたりしないことです。躁鬱病は再発の危険性が高い病気で、症状がよくなっても薬をしばらく飲み続けなくてはならない場合があります。また医師からの指示で薬をやめる際にも、いきなりやめると体に負荷がかかってしまうので、少しずつ量を減らしていかなくてはなりません。自己判断だけで、薬をやめたり飲んだりするのはかえって完治を遠ざけてしまうでしょう。 精神療法にも注意すべき点は存在します。精神療法の治療中に患者に負担をかけることだけは避けてください。 特に治りかけの時期は、精神が揺れやすく、ほんの些細なストレスで治療の効果が薄れてしまう危険性もあります。

鬱と向き合う

看護師

躁鬱病は、そのままにすると命に関わる病気をも引き起こす重大な病気です。特に若い世代の女性に増えています。躁鬱病を治す方法として、食事や運動などの自然的な治療が好まれています。周りの人も協力し、当事者にとって落ち着いた環境づくりをすることが躁鬱病を治す一番の近道です。

この記事を読む

精神科や心療内科で治す

女性

躁鬱病は、気分が高揚する躁状態と気分が落ち込む鬱状態が交互にやってくる病気のことです。躁鬱病は精神科や心療内科で適切に治療をすれば治すことができる病気です。治療には薬物治療や心理療法を中心に行われます。

この記事を読む

双極性障害への対処

カルテ

双極性障害はかつて躁鬱病と呼ばれており、興奮状態である躁状態と落ち込んだ状態の鬱状態を繰り返す病気です。双極性障害は放置しておくと自殺などのリスクもあるので、早期に治療を行うことにはメリットがあります。治療は薬物療法と精神療法の2つがあり、併用することで症状は次第によくなっていきます。

この記事を読む

感情の波を整えます

医者と看護師

躁鬱病は双極性障害とも呼ばれ、躁と鬱の症状が交互に現れていきます。重度になるほど感情の波が早く大きくなるため、精神安定薬を使用しながら感情の波を鎮める治療を行っていきます。比較的若年層に多い症状で、日頃からストレスを溜めない生活環境を整えていくことが大切です。

この記事を読む

基本的な療法

女の人

躁鬱病の治療は、まずは薬物療法が基本でその次に精神療法が行われる。薬物療法で使われる薬剤は気分安定薬が中心に使われ、必要に応じて向精神薬や睡眠薬なども処方される。精神療法では心理的な教育や行動認知療法を行うことでトラブルが起きても対処しやすく、社会生活が楽に送られるようになる。

この記事を読む

Copyright© 2016 強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療All Rights Reserved.