強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療

微笑む女性

基本的な療法

女の人

まずは薬物療法

躁鬱病の治療には、主に薬物治療が中心に行われる。気分安定薬を使い、必要であればその症状に合わせて向精神薬、抗うつ剤や睡眠薬なども一緒に処方されることがある。気分安定薬というのは、躁鬱病には欠かせない薬で躁と鬱の対照的な症状の溝を埋めて気分を安定させるため再発を防ぐ働きもある。基本的に治療を開始直後にすぐに服用することになる薬である。向精神薬はイライラしたり焦りや不安を鎮めて気持ちを落ち着かせてくれる働きの他に眠れるようになる薬でもある。鬱の症状を抑えて再発を予防する効果もあると言われている。抗うつ薬は鬱の症状だけ抑える薬のため、基本的に使うことは無いが鬱の症状が重い場合は処方されることもある。睡眠薬や睡眠導入剤も同時に使われる薬であるが、横になっても夜なかなか眠れない時や夜中など変な時間に目が覚めて眠れなくなってしまう時などその症状に合わせて不眠の症状を改善させる薬である。いきなり服用を止めてしまうと逆に眠れなくなってしまうため、徐々に止めていくようにする。

次は精神療法

躁鬱病の治療には薬物療法を行った後、または同時に精神療法を行っていくのである。精神療法には、心理的な教育や行動認知療法などがある。心理的な教育というのは、躁鬱病がどんな病気であるかということを理解して主治医とともに情報を共有していくことで症状が出ても対処できるような知識を身に付けることである。患者本人だけでなく、家族も心理的な教育を受けることで負担を軽くすることが出来るようになる。認知行動療法は、否定的な考え方をしてしまうことに気づくようにして、なぜ否定的な考え方をしてしまうのかその原因を探り肯定的な考え方が出来るようにサポートしていくことで最終的に患者の感情や気分も調節していけるようにすることである。他にも、生活のリズムを整えて規則正しい生活をするようにスケジュール管理をしたり、職場など社会生活で何か問題が起きた時の対処法などをイメージしておくことで実際に問題が起きてもスムーズに対処できるようにする療法もある。症状の程度や個人差もあるが、薬をしっかり服用し、精神療法も受ければ回復する日はそう遠くは無いのである。

Copyright© 2016 強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療All Rights Reserved.