強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療

微笑む女性

精神科や心療内科で治す

女性

躁鬱を治すには

躁鬱は、気分が高ぶったり、饒舌になったりする躁状態と、何をするにしても気分が落ち込んだり、やる気が出なくなる鬱状態が交互にやってくる状態です。躁鬱病とも言われますが、医学的には双極障害と呼ばれ治療の対象となっています。治療は精神科や心療内科で行われます。双極障害といっても2種類ある双極1型障害では、重い躁状態と鬱状態を繰り返すもので、双極2型障害では、軽度の躁状態と鬱状態を繰り返すというものです。このうち双極1型障害の場合には再発するたびに躁鬱の入れ替わり頻度が高くなる傾向にありますが、症状が出やすいため比較的診断のつきやすい躁鬱病といえます。一方で、双極2型障害は、躁鬱状態が現れる頻度が少なく、特に鬱状態は長い傾向にありますが躁状態が短いといった傾向にあります。多くは摂食障害や不安障害などとの合併症状として現れることになります。躁鬱病の治療方法としては薬物療法と精神療法があり、両方からアプローチするのが一般的です。薬物治療としては気分安定剤や高精神病薬、抗鬱薬、睡眠薬などが用いられます。

治すさいの注意点

躁鬱病の治療を行うさいの注意点としては、正しい治療が行われているかどうかがポイントになります。躁鬱病は精神的な病気ですが、躁状態のときに自分の行動を思い出して激しく自分を責め立てるケースがあり、判断力を失わせて、自殺に至るケースがあります。また適切に治療する必要があり、再発を繰り返すような状態となると周囲の人間関係を失わせる可能性があり、日常生活に支障を来すことになります。いずれにしても躁鬱病の治療を行う場合には、実績のある精神科や心療内科の医師に診断してもらうことが重要になってきます。また周囲の人の正しい理解とサポートが必要とされます。なお、治療の多くは外来治療が行なわれることになります。外来治療では話すことから治療がはじまり、病気についての説明や、また治療方針を丁寧に行う医師が適しています。また安易に薬物に頼るのではなく症状に合わせて必要最小限の薬物治療をするのが無難です。また入院治療は自殺や身体が衰弱している場合に行われますが、ほとんどのケースでは外来で対処されます。

Copyright© 2016 強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療All Rights Reserved.