強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療

微笑む女性

鬱と向き合う

看護師

もう一つの鬱の存在

今、世間で問題となっているものの一つは、ストレスです。現代人は、よくこれに悩まされています。年々、職場のことや人間関係に悩まされ、鬱病になってしまう人が増えています。実は一般的な鬱病というのは別名単極性鬱病といいます。鬱にはもう一つ種類があり、双極性鬱病というのも存在します。これは鬱病に対して躁鬱病と呼ばれています。鬱病と躁鬱病は大きく違います。鬱病はずっと気分が落ち込んで何もしたくないのに対し、躁鬱病は物凄いやる気にあふれる時と落ち込んで絶望的になる時を繰り返します。気分の浮き沈みが非常に激しいのです。一般的な鬱病よりも認知度が低いので、自分が躁鬱病になってもわからない場合が多いです。躁鬱病は、若い世代に増えています。特に女性がなりやすいです。そして躁鬱病になると一緒に他の病気を発症するリスクもぐっとあがります。他の病気とは、例えば脳卒中、心筋梗塞、ガンなどです。このような命に関わる病気も起こすほど、躁鬱病は危険なものと言えます。こうなる原因として、主に身の回りの変化があげられます。仕事の失敗や、人間関係の悪化、金銭問題などです。さらに性格的にも真面目な人が病気になりやすいです。これらが必ずしも当てはまる訳ではありませんが、日頃のものの考え方にも気をつけるといいでしょう。

人気の自然的療法

ではそんな躁鬱病、もしかかってしまったらどうすればよいのでしょうか。これは、周りの人も協力してあげる必要があります。まずは一旦すべての責任を遠くにおいて、自由になること。そして、口うるさい人や責め立てる人がいれば、たとえ家族でも離れることです。周りの人は、当事者に治療しやすい環境を作ってあげることが大事です。さらに、こういった精神病を起こしてしまった人に人気の治療法もいくつかあります。食生活を変える方法、瞑想する方法、軽く運動する方法などです。こういった方法が人気の理由としては、どれも自然なものであるからでしょう。精神科や病院に通い、薬物治療をするとなると莫大なお金がかかります。さらに、そのようなことをすること自体が早く治さなければならないというプレッシャーを生み出すこともあります。薬物治療すべてを否定することはありません。しかし精神病は根本の原因を治さなければなりにくいので、ごく自然な方法が結果的に好まれるのです。実際、ずっと精神科に通っていた人がある日通うのをやめて薬も飲まなくなったら、急激に症状が改善した例もあります。落ち着いてゆっくり治療することが、躁鬱病を治す一番の近道です。

Copyright© 2016 強い不安を吹き飛ばしてポジティブ思考|難しい躁鬱病をしっかり治療All Rights Reserved.